町はずれの円形劇場あとにまよいこんだ不思議な少女モモ。町の人たちはモモに話を聞いてもらうと、幸福な気もちになるのでした。そこへ、「時間どろぼう」の男たちの魔の手が忍び寄ります…。「時間」とは何かを問う、エンデの名作。小学5・6年以上。 ≪内容≫ 時間におわれ、おちつきを失って人間本来の生き方を忘れてしまった現代の人々。このように人間たちから時間を奪っているのは、実は時間泥棒の一味のしわざなのだ。ふしぎな少女モモは、時間をとりもどしに「時間の国」へゆく。そこには「時間の花」が輝くように花ひらいていた。 今回は、ミヒャエル・エンデの『モモ』の読書感想文です。この物語は、小学校高学年・中学生の読書感想文の課題としてもおすすめの一冊です。本を読みおえると、「他の人はどんな感想をもったのだろう?」と気になることがありますよね。とくに、”時間の花” 内容を簡単に要約した短いバージョンと長いバージョンの2種類を載せています。 児童文学ミヒャエル・エンデ作『モモ』は、昔から私の大すきな一冊です。有名な本なので、ご存じの方も多いはず。「時間」とは何か。児童文学なんですけど、これがとっても深いんです。時間に追われて現代を生きる大人こそ、一度は読むべ モモ - 時間どろぼうと、ぬすまれた時間を人間にとりかえして - ミヒャエル・エンデ - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感 … 『モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 』 のあらすじをご紹介しています♪. モモ-時間どろぼう-という本にもありますが、映画またはアニメをさがしています。もしかしたら、映画ではなく、アニメかもしれません。ネバーエンディングストーリーなどの原作者と同じ人の作品らしいので、結構有名なのかもしれません。 ミヒャエル・エンデ著『モモ』のあらすじをご紹介します。モモは、時間どろぼうに盗まれた時間をみんなにかえしてくれたふしぎな女の子。時間がないと思っていませんか?時間どろぼうに時間を盗まれたのかもしれません。時間とは、生きる意味とは…それはモモが教えてくれます。 モモ / 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語、ミヒャエル・エンデ,大島 かおり:1500万人が利用するNo.1絵本情報サイト、みんなの声15件。