まとめ. ロードバイクは家庭用の自転車と違い、定期的なメンテナンスが必要になります。 特に日頃からロードバイクに乗っている方は、メンテナンスを怠ると故障する可能性が高くなってしまうので注意が必要です。また、故障してしまった際、気になるのが修理費用ではないでしょうか。 事故を起こしたら必ず警察に連絡する。 過失割合、自転車の修理費用や買い替え費用、慰謝料、休業補償、入院通院費を請求する弁護士に依頼する。 ※ 修理受付…症状をお伺いし、実車を拝見して費用の見積もりと納期をお知らせする事を指します。 店舗の混雑状況によって、すぐに修理に取り掛かれない場合に、受付のみをさせて頂きます。 ロードバイクに乗っていて気になるのがフレームの傷です。フレームの傷は色々な場所を走ってきた勲章でもありますが、目立つ箇所にあるとどうしても気になってしまいますよね。そんあフレームの傷について今回は触れていきます。 バイクのカウルに傷が付いてしまったり、割れてしまった時の補修方法について解説。軽微な擦り傷なら耐水ペーパーやコンパウンドで綺麗になる事も。またバイクショップや専門の業者に修理依頼をした時の費用の目安についても解説しています。 自転車の中でも、人気があり、注目を集めているのがロードバイクです。 このロードバイクですが、フレームがクラック(亀裂、裂け目)してしまったとき、専門の自転車屋さんへと修理を依頼する必要があります。 しかし、フレームの修理費用が気になる人は多いはず。 関連記事:ロードバイク・クロスバイクの自転車保険比較まとめ. バイクは、故障したパーツや修理を依頼するショップによって、費用や修理期間に違いが生じます。詳しい金額や修理期間に関しては、ショップに問い合わせるのが確実ですが、ある程度相場や修理期間の目安を知っていないと損するケースもあります。