そろそろ新しいレンズを買おうかな?とウェブを調べはじめると「単焦点レンズ」という名前を耳にすると思います。「単焦点」という響きがなにやら特別なレンズのように聞こえますね。ここでは、単焦点レンズとはなにか?単焦点レンズを使うとどんな写真を撮れるのか? 早いものでフォトグラファーとして仕事をして10年が経ちました。一眼レフを持っている人が必ずぶち当たる「次はどのレンズを買おうか」悩み。10代で一眼レフ初心者として業界に入り、プロで仕事するまでの経験を活かしてレンズを揃えていく最適な順番を考えました。 各レンズの使い方を見ていく前に、何がレンズに違いをもたらしているのかを理解しておきましょう。レンズの違いを示す最も基本的な数字は「焦点距離」です。焦点距離はミリメートルで表わされ、「50-200mm」のように範囲で示されることもあります。

単焦点レンズとは? 単焦点レンズとは文字通りたった1つしか焦点距離がないレンズの事です。 どういう事かというとズームが付いていないレンズだと言えばわかりやすいですね。 一眼レフカメラを始めた … 一眼レフ・ミラーレスの醍醐味は、なんといっても レンズ交換 。 標準に望遠に高倍率、単焦点に超広角などなど、世の中には本当にたくさんのレンズがあります。 単焦点レンズは一眼レフを持っているなら必ず持っておきたいレンズの1つです。ボケをいかした写真だけが単焦点レンズの魅力ではありません。あえてぼかさない撮り方やメリット、デメリットを解説しました。撮影のコツやおすすめの単焦点、パンケーキレンズも紹介しています。 単焦点に望遠…レンズはどんな順番で揃えればいいのか考えてみた! 2016/08/06 2018/10/09. 単焦点レンズ. それでは良きカメラ … ※2020.04更新.

焦点距離が固定されて1つしかないため単焦点レンズと呼ばれます。 一般的に、広角レンズ(35mm以下)、標準レンズ(50mm前後)、望遠レンズ(85mm以上)と分類されますがメーカーごとに異なります。 単焦点レンズの分かりやすい特徴としては、 高倍率ズームレンズしか持っていない人が、もし単焦点レンズを手に入れたら100%その「描写力」に驚き、趣味としての写真の楽しみが倍増することは間違いありません。劇的に写真を変えるにはズームレンズに加えて単焦点レンズを手に入れるのが最短の道です。 単焦点レンズを購入する上で35mmと50mmの画角で迷っている人も多いです。実は僕もかなり迷いました。 そこで35mmと50mmのどちらが良いのか?メリット・デメリットについてまとめてみます。 単焦点レンズの35mmと50mmはどっちが良いか?

予算的に合わない方、「単焦点レンズは欲しいけど使いこなせなかったらどうしよう…。」と悩む方の選択肢として非常に良いかと思います。 ※6000円くらいで新品のレンズが買えます. 初めて一眼レフを購入するときには「標準レンズ」を選ぶ方が多いでしょう。 さらに慣れてきたら望遠レンズや他のレンズも買い足す…なんてことが多いのではないでしょうか。. ズームレンズはカメラボディとセットで売られていることも多く、カメラを始める場合まずズームレンズから入る人が大半でしょう。今回はそんなズームレンズの特徴と使い方を解説し、あわせて単焦点レンズへ移行することの意味についても解説します。