脂肪の含有量が多い部位は特に中トロや大トロと呼ばれ、赤身に比べると白身を帯びた桃色をしているのが特徴です。 老若男女幅広く受け入れられていて口当たりがよいのは赤身部分です。続いて中トロ、大トロの順に脂っぽい味が強くなり、好みが分かれ始めます。まずはマグロの赤身から� 人気の寿司ネタガイド30種!赤身・白身・光りものをすべて網羅. 日本食の代表、寿司。そのネタの種類は定番のまぐろ、海老、うに、いくらをはじめ、お店のオリジナルネタ、最近では海外の魚や貝など、おいしい寿司ネタは数え切れないほどありますよね。

はまちの握り; ぶりの握り; 光もの 寿司通から圧倒的支持を受けており、コハダ、サバ、アジ、イワシ、カスゴ、サヨリなどが光ものの代表格. 寿司の具材(ネタ)は季節ごとにいろいろな種類の魚や貝が登場します。比較的、淡白な味ですが、上品な旨みがいっぱいと言われる「白身」のネタ。どんな魚があるのか知ったらより寿司を楽しむことができますよね?今回はそんな「白身」をご紹介します。 白身 種類の多さは寿司のなかでも随一。淡白な味わいながらも濃い旨味と魚特有の香りが持ち味 .