消費税についてよく知らない、専門家でない一般の方に向けた記事です。すべての方に向けて網羅的に説明すると市販の参考書のようにわかりにくいものになりますので、中小企業向け、一般の方向けに的を絞ってわかりやすく解説します。はじめに消費税は「国内に

今週は 国際取引に係る消費税 がテーマです。 有価証券を譲渡した場合の 内外判定 について、 平成30年の消費税法施行令の改正がありました。 この改正により、従前とは取扱いが変わりますので、事例を見ながら確認していきたいと思います。 事例

消費税簡易課税のみなし仕入率-届出書の提出日により差が生じる可能… 国際取引と消費税(その2)-内外判定1; 海外サイトからネット経由で商品を購入した場合の税金は?(その2)… 改正労働者派遣法と消費税増税は雇用にどのように作用するか? 電気通信利用役務の提供に該当する取引については、 その役務の提供が消費税の課税対象になる国内取引に 該当するかどうかの判定基準を以下のように改正しました。 【改正前】

消費税における海外デジタルコンテンツ課税について ... -内外判定は行う者から受ける者へ- ... 平成27年4月に消費税法の一部が改正され、国境を越えて行われるデジタルコンテンツの配信等の役務の提供に係る消費税の課税関係の見直しが行われました。 内外判定基準の改正点. 以上、消費税の役務の提供(サービス)の内外判定とリバースチャージ方式その他の新しい考え方をまとめてみた、という話題でした。どんどん改正が進むので、消費税の勉強には以下のような出版の新しいものを使いましょう。 輸入に係る消費税の脱税犯に係る罰金刑の引き上げ. 輸入に係る消費税の脱税犯に係る罰金刑の上限については、現行、脱税額が上限とされています。 今回の改正で脱税額の10 倍が1,000 万円を超える場合には、脱税額の10倍に引き上げられることとなりました。 消費税の改正(内外判定の取扱いの変更) みなさん、こんにちは、時には暖かい日もあり春めいてきましたね。 確定申告期限直前ですが、ちょっとだけお得な情報です。 消費税が課税される対象は国内で行った取引に限られるため、消費税額を計算するためには取引が国内で行われたものか国外で行われたものかを正確に判定しないといけませんが、取引によってはその判定が難しいものもあります。