インスリンを使用している糖尿病患者さんがアルコール消毒綿を切らしたらどうすればいいのか? 「(適正使用推進委員会)糖尿病治療用注射製剤の自己注射や血糖自己測定用アルコール消毒綿不足時の対処について(例示)について」を参考に、1枚の図にまとめました。 勿論、猫個体により同じ糖尿病でも必要なインスリン量は変わってきます。 インスリンコントロールができているかが大事です。 自己判断でインスリン量は増やさずに、高血糖が続く場合は主治医さんに相 … 猫の怪我の消毒はどうしたら良いのか?消毒は本当に必要なのか?応急処置に人間のイソジンを使うのは有効なのか、など猫のとっさの怪我に付いて詳しく解説いたします。 今年の5月中旬ごろ、猫のキョンさんが糖尿病になってしまったので、現在、毎日家でインスリンを注射しています。糖尿病猫の治療費の事とか、参考になればと思いここに書… 特に猫はインスリンの分泌量が少ない傾向にあるため、通常の食生活をしていても糖尿病にリスクは高いそうです。 さらに最近の飼い猫はキャットフードやおやつを沢山与えられますし、室内飼いなので運動不足になりやすく、ますます糖尿病にかかりやすくなっています。 糖尿病患者のインスリン注射時に使用する消毒綿(アルコール綿・クロス)が新型コロナウイルスによって不足・購入困難に。除菌用アルコール綿の不足で注射用消毒綿にも手を出す消費者の動向が原因。 なったりします。インスリンの効きが悪くなるので場所を変更してください。 注射部位 Point 濁っているインスリンは、液全体が乳白 色になるまで、容器を回転させるか、転 倒混和して混ぜます。 濁ったインスリンは使用前に均一に混ぜる Point 感染対策・手洗い・手指衛生の消毒用エタノールのトップメーカー健栄製薬のウェブサイトです。健栄製薬の人体に対する消毒薬の選び方をご覧いただけます。私たちは、薬局向全国一のシェアで多くの方々へ「価値ある薬づくり」をスローガンに人々の健康で豊かな生活に貢献してまいります。