会社で行う研修やセミナー、資格の勉強などの自己啓発を労働時間外に行うと残業代に含まれるのかについて会社員の方、知りたくありませんか?本記事では、厚生労働省によるガイドラインを参考にポイントを2つだけ抑えて初心者でもわかりやすい内容になっています。 テレワークに関するガイドラインが公表され、その中で労働時間に関する取扱いについても記載がされてい … もっとも,移動時間中に,出張先の会議で使用する資料を. トラック運転者の長時間労働の実態や、改善に向けた取組、施策を周知することを目的としたサイトです。国民向け・荷主向け・運送事業者向けのページがあります。 勤務時間の一部でテレワークを行う際の移動時間は労働時間にあたる場合とあたらない場合がある. 果たして、移動時間が労働時間になるのか?ならないのか? を考えてみましょう。 労働基準法で、労働時間に関するものは第32条に記載されています。 そこには「労働時間は、労働者が使用者の指揮命令下 … 法務省と厚生労働省では、それぞれ新型コロナウイルス感染症に関連する不当な偏見、差別、いじめ等の被害にあった方からの相談を受け付けています。 困った時は、一人で悩まず、私たちに相談してくだ … 時間外労働の上限規制とは 残業時間の上限は、原則として月45時間・年360時間とし、臨時的な特別の事情がなければこれを超えることはできません。 パソコンで作成していたり,出張の目的が物品を運ぶことであり, 移動中その物品を監視しなければならない場合には, 出張の移動時間であっても労働時間といえることがあります。 使用者は、労働契約を締結する際、労働者に対し、賃金や労働時間のほかに、就業の場所に関する事項等を明示しな ければなりません。 (労働基準法第15条、労働基準法施行規則(昭和22年厚生省令第23号)第5条第1項第1の3号)。