自転車による通勤を希望する者は、会社に申請して許可を受けなければならない。 2.自転車による通勤は、原則として次の条項をすべて満たす従業員にのみ認める。 1)自宅から会社までの直線距離が2km以上20km未満の者

多くの会社では労働者に対して通勤手当を支給しているケースが一般的ですが、通常、通勤手当とは、法律的な支払い義務はありません。通勤手当とは、社会保険労務上どのようなものなのでしょうか?今回は通勤手当の持つ性質や内容について学んでいきます。 通勤の距離が2km以内だと通勤手当は支給されない 「2km未満の職員は徒歩で来れるでしょ!」という想定で、通勤手当が支給されません。 さらに、一つ注意したい点「直線距離で2km以上離れている必要がある」という点。

に支払う通勤手当の非課税限度額 ...... の(特例)が廃止 されました。 この改正は 【平成24年1月1 日以後】に支払う通勤手当 から対象です #~H23.12.31 まで $ -マイカー通勤者の非課税限度額 片道の通勤距離 (直線距離ではなく実走行距離) ただし、通勤手当の非課税特例は、通勤距離が2kmを超えないと適用されませんので、1.2kmで通勤され方の通勤手当については課税されることになります。 ちなみに2kmを越えても徒歩通勤の場合は給与扱いとされ課税されたと思います。