USB Power Delivery(USB PD)はとても便利な機能ですが、USB3.1で標準になったわけではありません。USB3.1の規格と、USB PDの規格は別物で、それぞれ別の仕様を持っています。 必要なもの:対応スマホ、対応ACアダプタ、USB Type-C to USB Type-Cケーブル 「USB Power Delivery」の略で、規格上は20V/5A (100W) まで流すことができるようになっています。 USB Power Delivery (USB-PD) に対応する、互換性のある他社製の USB-C 電源アダプタ; お手元の Apple 電源アダプタがどれかわからない場合は、アダプタの底部に記載のワット数を確認してください。 今回紹介しているUSB Power Deliveryは、前述したUSB Type-Cに対応した給電規格で、供給電力がこれまでの規格よりも大幅に増加しています。 ここでは、USB Power Deliveryのメリットについて説明していきましょう。 USB Type-Cポート×1:Power Delivery 45W(5V/3A 9V/3A 12V/3A 15V/3A 20V/2.25A) USB Type-Aポート×1:12W(5V/2.4A) ACDC-PD0545シリーズ / \13,673(税込) GaN Power Delivery対応USB AC充電 … ちなみに、USB Type-A to Type-CケーブルでUSB Power Deliveryに対応していると書かれている製品が一部ありますが、実際にはUSB PD 3.0でUSB Type-C to Type-CケーブルでなければUSB Power Deliveryを利用できないことになっているため、対応製品はおそらくこの世に存在しません。 USB Power Deliveryのメリット. USB PD対応スマホ続々! ... / X1 Carbon 2017 / Nintendo Switch/ Matebook/ GPD Pocketその他USB-C機器対応クイック充電用 USB充電器 Power Delivery 対応 45W USB-C急速充電器 (白) USB PD 30W. スマホメーカーの急速充電規格にポータブル電源が対応している場合があります。 所有するポータブル電源を「power z」で急速充電の対応をチェックした結果も掲載しておきます。 (「power z」での結果であり、実際に使用できる保証はありません)