DreamweaverでWordPressのテーマを編集するために、PC上でWordPressを動かすための環境が必要です。「Dreamweaver CS5とWordPressを連携させる方法」を参考にしながら、WordPressをインストールし、Dreamweaverでサイト定義を行い、テストサーバーの定義を行ってください。 WordPressは世界中で使われているWebサイト構築の代表的なツールです。人気の理由は管理画面から記事やページの管理が簡単にできるという点です。 しかし、管理画面で編集できることは一部なので、本格的にWebサイトの表示内容を変更したい場合はテーマの編集が必要となります。 この記事では、WordpressとDreamweaverの連携方法だけではなく、 連携後のメリットデメリットも取り上げています。 ホームページ作成ソフトなどで作成したHTMLベースのWebサイトを一括で、または1ページずつWordPressにインポートすることができます。 インポートしたHTMLは、固定ページまたは投稿として編集することができます。 インポートするWebサイトの物理パス 条件分岐文の書き方. WordPressのカスタマイズをするようになると、投稿ページや固定ページにもPHPファイルを挿入したいということもあるでしょう。 PHPファイルを編集する必要はありますが、その方法は難しくありません。 WordPress「テキストエディタ」とは? テキストエディタでは、HTMLタグを直接入力することができます。 この方法だと対象となる固定ページを増やした際にはテンプレートを編集する必要がありますので注意が必要です。 2.2. 今回はサイドバー無しの固定ページの投稿idを指定して条件分岐 … 投稿ページ、固定ページ内にPHPファイルを挿入する方法. WordPressユーザーの皆様、こんにちは。 Wordpressの固定ページ、というと何を想像するでしょうか。 更新性の少ないコンテンツに使うテンプレート、ページ自体にテンプレートがある、等々、人によって答えは様々なのではないでしょうか。 WordPressの投稿編集画面には、「ビジュアルエディタ」と「テキストエディタ」の2種類があります。このページでは、テキストエディタの使い方について紹介します。. WordPressの全ての機能を利用できるユーザーです。 編集者: 他のユーザーが作成した記事や固定ページを含めて、コンテンツ全ての管理ができるユーザーです。固定ページの作成を行うこともできます。 投稿者: 記事の作成・編集・公開ができるユーザーです。